注目の成分「エクオール」で”顔のしわ”対策

 

 

可能性を秘めたサプリ『エクオール』で女性のゆらぎを解消

エクオールによる「目尻のシワ」対策。抗加齢医学の選択肢の1つ

あなたが「目尻のシワ」を気にしているならエクオールという成分がをが関係しているかもしれません。

 

『エクオール』とは大豆イソフラボンの一種で女性の「ゆらぎ」トラブルに対応できる可能性がある成分です。1日の目安として10㎎を補充するだけで、しっかりした作用があるといわれている、非常に可能性を秘めたサプリメントです(*1)。『エクオール』は「抗加齢医学」の選択肢の1つとされてるサプリメントです。

 

さっそく『エクオール』の有用性を紹介しますね。

  • 「目じりのシワ」の深さや面積との関係性
  • 骨密度との関係
  • 更年期への不安解消
  • 生理前の身体的トラブル・精神的トラブル

あなたが、これらについて気になっているなら『エクオール』を是非試してみてください。

 

エクオールの使用を強くすすめたい女性たち

特にあなたが次のような状況なら『エクオール』を強くおすすめします。

  • ホルモン補充療法が医療的にできない
  • ホルモン補充に抵抗または恐怖を感じている
  • ホルモン補充療法が終了したあとも継続してエイジングについて検討したい
  • 原因がはっきりしなしが生理前に不安を持っている・不調がある
  • ホルモン療法よりもサプリメントで対処したい

 

さまざまな理由で「ホルモン補充療法」ができないときは、サプリで『エクオール』を検討してください。

 

納豆のエクオールを利用できるのは日本人女性はたった半分

正直に言いますと、『エクオール』は納豆の中に入っているんです。

 

「じゃあ、わざわざサプリしなくても、毎日納豆をたべればいいんじゃない?」

 

ですよね~私もはじめそう思いました。なのでメーカーに資料を請求したところ「驚愕の事実」が!。なんと日本人の半数の女性は納豆に含まれる『エクオール』を全く利用できないというデータ(*2)があるんです。

 

納豆の中には大豆イソフラボンの一つ「ダイゼイン」が含まれています。これが「腸内細菌」により分解されると『エクオール』になるんですが、残念ながら日本人の半数の腸内にはダイゼインを分解できる「腸内細菌」がいないんです。

 

だから、積極的に『エクオール』を飲む必要があるんです!

 

「どれくらいのめばいいの?」

 

そうですね。。。はっきりとした根拠はないんですが、「食品安全委員会」の規定によると「大豆イソフラボン」の安全な摂取量は1日70~75㎎で、サプリメントで補充する場合は30㎎までは安全です。

エクオールの配合量と1日のコストを明記した商品を紹介します

とても良いサプリメントです。エクオール目安が明確に表示されていて、1日当たりのコストがわかるものを選びました。継続することを前提に製品の特長を比較をしてみましょう。

エクオール+ラクトビオン酸(アドバンスト・メディカル・ケア )

1日3カプセル目安
エクオールが約10㎎
1日のコスト=172円
価格:5,184円

check画像

エクーオールを知りつくした専門医師監修したサプリだから信頼度No1。女性ホルモンの減少にともなう骨の減少にも注目しているところが見逃せない。カルシウムの吸収を効率よくしてくれるラクトビオン酸も配合。余計なものがなく、付加価値の高い成分のみを配合でこの価格がうれしい。

エクエル(大塚製薬)

エクエル画像

1日4粒目安
エクオール約10㎎
1日のコスト=154円
価格:4,320円

check画像

大手製薬メーカーの商品だから臨床データが豊富。医師介入の臨床実験も多数行っているため、エクオールの臨床評価が正確なことは、利用する女性たちにとっては安心といえる。

キレイ・デ・エクオール (ウエルネス・ラボ)

1日2カプセル
エクオール約10㎎
1日のコスト=137円
価格:3980円
check画像エクオールは継続することが大切。特に問題ない場合、最低限3か月間は継続したい。だからコスト面も重要な要素。その点、『キレイ・デ・エクオール』は低価格なので継続しやすい。じっくりと「ゆらぎ実感」を評価できそう。

check画像

ラクトビオン酸
ラクトビオン酸は、オリゴ糖の一種で、特にカスピ海ヨーグルトに多く含まれます。カルシウムとくっついてカルシウムの吸収を高めます。

まとめ

エクオールには、「目尻のシワ」の深さと面積との関係性が注目されています。食事が不安定なひと、エクオールを作れない人は、サプリで1日10㎎を目安にエクオールを補充してください。
(*1)Breinholt,V.et al.;Chemical Research in Toxicol.,11(6),622-629,1998
(*2)麻生武志ほか:日本女性医学学会誌.,20(2),313-332,2012

サプリ完全解説ボタン

健康と美しさと心の悩みボタン

妊娠授乳中に飲める薬ボタン

最近の話題ボタン

 

トップへ戻る