【キャッシュレス】クレカの支払方法を理解して『損』をしないようにしたい

クレジットカードの利息は怖い

たくさんのお金

こんにちは『まっさん』です。
あなたはクレジットカードを活用してますか?
 
マネーの世界は急速に変化しています。あと数年で現金のいらない世界になり、必ず支払いの手段はカード決済あるいは電子決済なります。日本もカード・電子マネー化を強く推し進めています。
 
ところで、あなたは現金派ですか?
 これからのキャッシュレス時代にカード・電子決済につて知らないと損をしてしまう可能性が大きいです!
 
「でもクレジットカード使いすぎちゃっうのが怖いから嫌なんです」
「財布の中に現金がないといざっていうとき不安なんです」
 
その通りです!カードって現金と違い、”実感のない”ままお金を使ちゃうから怖いですし、「現金のみ」の店もまだまだおおいですよね。。。
 
心配しないでください!カードで支払うとカード会社は「利用明細」を作成しなければならないんです。「明細」というくらいなので利用状況がバッチリ乗ってます。
 
その利用明細を確認保管していれば、家計簿なんていらないんですよ。
また、日本は急速にキャッシュレス化が進んでいるのでクレジットカードが利用できなき店の方が少なくなる!だから、これからクレジットカードの知識があれば、むしろカードは「お得」なんです。
 
 「とはいっても何から学べばいいのかなぁ」
 
そうですね。。。
実は、カードの使い過ぎの怖いところは、カードの仕組みを知らないことが原因なんですよ。
 
「ポイントがつくつかない」レベルの損得ではなく、最低限は「カードの支払い方法」と「利息」の関係を押さえておかないと、ポイント以上の損をしちゃいます!
 
今回は「カード支払い方法」で大損しないための方法をつらつら書いていきます。

 

カードローンとクレジットなにがちがうの

クレジットカードを作るとお金が借りられるようになります。
 
「えっ!?カードでお金借りたことないんですけと。。。」
 
たいていの方は「クレジットカード」で借金なんてしないと思います。
でも、ほとんどの人が知らず知らずに「借金」をしちゃってるんですね!
 
実はクレジットカードには2種類の使用方法があるんです。

  • カードローン
  • クレジット決済(後払い決済)

カードローンとはカードで直接「現金」を借りること。
使用には制限がつくこともありますが、直接現金を借りて「物・サービス」を買うことになります。
 
一方、クレジット決済はカードで「物・サービス」の代金を借りることになります。
その場では現金の受け渡しはないです。一時的に代金を立て替えてもらうことで「物・サービス」を買うことになります。いわゆる「つけ」ですね。
 
どちらも「借金」しているので、その仕組みを理解していないと大損します。
 まずは、カードローンについてみてみましょう。

 

カードローンと返済方法

カードローンは直接お金を借りるための方法です。銀行やカード会社が一定の条件を満たす人が利用できる「融資」です。「一定条件」と言いましたが、けっこう条件は緩いです。
一般的には年収300万程度と言われていますが、定期的な収入がある人ならほとんど間違いなく利用できます。
 
なぜそんなに緩いのでしょうか?
 
じつは。。。銀行もカード会社も”ものすごく儲かる”からです!
 
ぶっちゃけちゃうと、銀行やカード会社の本音はお金を「ガンガン」貸したいんです!
誰にでもジャンジャン貸したい。。。でも貸金業法等で規制されているから、しぶしぶ”条件あり”で貸しだす人を制限しているんですね。

 貸金業法等の規制
 貸金業者が個人に貸せるお金には「総量規制」があります。
 個人がお金を借りる場合、貸金業者は借りる人の年収等の3分の1までしか貸すことができません。

ではどれくらい儲かるか、あるいは借りる側からするとどんだけ損するか見ていきましょう。
 

アドオン方式を詳しく説明

カードローンの返済方式は「アドオン方式」となります。
 
「アドオン方式。。。なんですか??」
 
聞きなれない言葉ですよね「カードの返済額」を決める方法の一つなんですが。。。
返済の仕組みを知ららないと
「やってもーたー」
になる返済方法です!
 
しっかり説明しますね!!
 
あなたの借金返済のイメージってどんな感じですか?
おそらく、早く返さないと利息がどんどん増えるという感じではないでしょうか!?
そして利息がガンガン膨らみ、怖い人に追い回されて、最後には。。。
 
う~ん間違いではないですね。。。でも正確にはちょっと違います。
 
「返済を先延ばしにする(借金を返さない)」
「返済額が少なすぎる」
と、利息が雪だるまになり怖い人に追いかけられるかもしれませんね(笑)
でもきちんと返済が進めば利息は一定の条件での支払いになりますから安心です。
 
怖い人に追い回されないためにも「借金」の返済方法の仕組みを知っておきましょう。
 
利息を含めた返済方法にはいくつかの方式があります。

  • 元金均等方式
  • 元利均等方式
  • アドオン方式
  • リボルビング方式(支払)

元金均等返済と比較することでアドオン方式の理解を深めることができます。
まずは”元金均等返済”を説明します。
 
 元金返済のイメージは下のようなイメ―ジになります。

元金返済のイメージ

例えば、下の<条件>のもとで返済を進めていくとします。
<条件>
 借金:1,000万円
年率:10%
返済:10年(1年に1回返済)
 
今回、注目してほしいのは『利息』の部分です!
『利息』に注目しながら元金返済について説明しますね。


元金返済表
返済シュミレーション

2018年1月に「1,000万円」を利子10%で借りて、翌年(2019年1月)から10年間返済するとします。
 
【借りた分(元金)の返し方】
まずは、元金1,000万円の返済ルールを確認しますね。
「1,000万円を10年間で返します」と約束していますので、
1年間あたり「100万円(1,000万円÷10年)」を返済します。
 
【2019年1月の返し方】
借りた「1,000万円」に対して1年で「100万円の利子(1,000万円×10%)」が付きますので、2019年1月は「元金分100万円と利子分100万円」を合わせた「200万円」を返済することになります。
 
2019年1月に「元金分100万」返済すので、2019年1月時点で残っている借金は「900万円」(表の借金残高)です。
 
【2020年1月の返し方】
借金残高「900万円」に対して1年で「90万円の利子(900万円×10%)」がつきますので、2020年1月は「元金分100万円と利子分90万円」を合わせた「190万円」を返済することになります。
 
2020年1月に「元金分100万」返済すので、2020年1月時点で残っている借金は「800万円」(表の借金残高)です。
 
【2021年1月の返し方】
借金残高「800万円」に対して1年で「80万円の利子(800万円×10%)」がつきますので、2021年1月は「元金分100万円と利子分80万円」を合わせた「180万円」を返済することになります。
 
2021年1月に「元金分100万」返済すので、2020年1月時点で残っている借金は「700万円」(表の借金残高)です。
 
以下、これを10年間続けると10年後には返済が終了するわけです。。。よかったね(^^)
 
ここでポイントとなるのは利子の変動です!
 
1年間に100万円ずつ借りたお金が減っていくので、それに連動して支払う利子の金額も減っていっていますね。
 
そう、この支払う利子が減っていくことが借金においては重要なんです!!
 
この仕組みがないと利子のために利子を払うという「借金」が怖いイメージ通りになります。

 

やっとカードローン返済(アドオン方式)のはなしです

いよいよ「カードローン返済(アドオン方式)」の話になります。
 
元金均等返済の仕組みがわかれば「アドオン方式」は簡単に理解できます。
 
まずは、毎回の返済額を示します。
 
各回の返済金額 
=(初めに借りた金額)/(返済回数) 
  +(初めに借りた金額)×(利率) 
 

アドオン方式返済表

アドオン方式 返済表

「アドオン方式 返済表」をみながら詳しく見ていきます。


今回は年率8%にしました。
表をみると恐ろしいことに気づきませんか?
「利息分」の金額が減っていないんです!!
 
アドオン方式の特徴は「元金を返済しても利子額は減らない」とうっことです。
 
本来、元金を支払うと翌年は借りているお金から元金返済分が引かれ、借入残高に利子が付きます。
 
がしか~し。。。アドオン方式は、借りた時点で「毎回支払う利子分」が固定さてレしまいます!
 
なので、いくら元金を返済しても利子額は、初めと同じ額になります。
表でいうと「ず~~~~っと、80万円」の利息を払わされるわけです。。。
 
なので、カードローンは表示されている金利より実質負担金利はかなり高くなります。
 
例えば、1,000万円を金利10%、10年返済でアドオンすると、総返済額は2,000万。
つまり、2倍の金額を支払うことになるわけです。
 
先ほどの「元金均等返済」の1,550万円にくらべるとかなりの高金利と言えるわけです。こんなにボロもうけできるなら、貸す側は貸したくて「うずうず」しちゃいますよね。
 
つぎは、知っているようで知らない「リボ払い」について話です。

 

リボ払いは便利だけど返済額は注意!?

リボ払いとは「毎月の支払額を一定にして計画的な返済を行う方式」
となっていますが、3つのデメリットがあります。

  1. 借金と感じさせない
  2. 支払い額が一定なので借金が増えていることに気が付かない
  3. リボ払いはポイント還元などの対象になりやすく「実質の」金利負担を感じさせないようにしている

どんな形であれガード支払いは借金です。でも、カード会社はそのことに気づかせないようにしてしています。
 

借金と感じさせない

まずネーミング!
「リボ払い」
イメージできないですよね?
 
言い換えると、「カードローン」「キャッシング」のリボルビング返済方式となります。
 
ひらたくいえば、「借金」を自分で決めた金額で返していきます。
返済方法としては「便利」なんですが、あまりに低い返済額を設定すると元金、つまり借りたお金がなかなか減りません。
 
けっか、支払い総額がおおきくなります。注意しましょう!
 

支払い額が一定なので借金が増えていることに気が付かない

限度額はありますが、その範囲内であればじゃんじゃん物を買うことができます。
 
本来なら使った額が多ければ多いほど支払月に「その額の多さ」に驚くわけですが。。。リボ払いは「一定の支払額」なので、巨額の買い物をしても痛みを感じにくいわけです。
 
そのため「借金」が膨らんでいることに気づかない。。。
 

リボ払いは「キャンペーン」になりやすいので金利負担感がマヒする

リボ払いはカード会社にとっては美味しい支払方法です。
なので熱心です。
 
「ポイント1%のところ、リボ払いならポイント5倍」
 
なんていう「キャンペーン」みませんか?
 
実際、リボ払いの金利は18%くらいなので1%の5倍の5%還元してもカード会社は13%儲かるようになっています。
 
でも消費者は、この「5倍」に弱いんですね。
 
ついつい、
「リボで!」
と言っちゃう。。。
 
カード会社にすれば「リボ払い」は金利負担感をマヒさせやすい支払い方法なんですね。では、具体的なリボルビング返済についてみていきましょう
 
<条件>

  • 借金した金額:20万円(2018年1月)
  • 年率:18%
  • 毎月の返済額:5万円

 
【2019年1月】
クレジットカードで20万円をキャッシング(借金)する。

1年間で18%の利息が付くので、1ヵ月あたりでは1.5%(18%/12か月)の利息を支払うことになる
毎月の返済額は5万円とした

 
【2019年2月】
まず、20万円を1ヵ月借りた分の利息を計算します。
 2月の利息分 
  =20万円×1.5%
  =3,000円
返済額は自分で5万円と決めたので、5万円のうち3,000円を引いた4万7,000円が元金返済となります。
 元金返済分(借りたお金の返済分) 
  =5万円3,000円
  =4万7,000円
 
 返済後に残っている借金額 
  =20万円-4万7,000円
  =15万3,000円
 
【2019年3月】
2月に残っている借金分の利息を計算します
 3月の利息分 
  =15万3,000円×1.5%
  =2,295円
返済額は自分で5万円と決めたので、
 元金返済分(借りたお金の返済分) 
  =5万円2,295円
  =4万7,705円
 
 返済後に残っている借金額 
  =15万3,000円-4万7,705円
  =10万5,295円
 
以上の計算を繰り返すと下の表のように返済が進んでいきます。

リボ払い返済表

リボ払い 返済表

 

まとめ

今回は本格的にカード時代に突入する日が近づいてきているときに、カードの仕組みを少しだけ説明してみました。
 
「借金」の怖いところは利息そのものではなく「利息支払い額」が減らないことなんです。つまり、借りた分のお金がなかなか減らない返済方式は”大損”していまう可能性が大きいです。
 
このような点に注意して「クレジットカード」とうまく付き合っていけば、現金よりも便利でお得な決済方法となるでしょう。

 

サプリ完全解説ボタン

健康と美しさと心の悩みボタン

妊娠授乳中に飲める薬ボタン

最近の話題ボタン


トップへ戻る