女性と漢方|『頭の痛み』を漢方薬で治す

相談なし漢方薬!
かんたん『頭痛』漢方の選び方

【タイプ別】チェックリストで『頭痛』系漢方薬を選ぶ方法

 

頭がしめつけられるような痛みがするんです。
あまりに痛くて吐き気やめまいが。。。


 

首肩腰のすべてが痛い。。。
なにもやる気がおきないんです。。。


 

超イライラする!
異常に目がつかれる!
ん~、目をつぶると「じょわー」って感じかなぁ。。。


 

頭痛の原因ってたくさんあるんですよ。
たとえば、血圧の上昇、疲れ目、ストレス。
女性の場合は生理前にも頭痛が。。。
肩や首のこりなどが原因の頭痛はマッサージなどで血行を良くすれば楽になるケースもありますね。

 

でも、頭痛が長引く場合は体内の状態がわるいことのサインであることが多いです!
まずは、チェックリストで「自分」で「自分」のための漢方選んじゃいましょうか。

 

そのまえに、漢方的『頭の痛み』について確認しておきましょう。


 

漢方では、『頭の痛み』は次のように考えます。

  • ストレス・過労で「気」「血」のめぐりがわるい
  • 胃腸のはたらきがわるく余分な「水」が体内にたまっている
  • 生理や生理後の「血」の不足

頭痛改善の基本は肩・首の血行をよくすることです。
頭の痛みや目の疲れががひどくてつらい人は、ヘッドマッサージなどを利用してみてはどうですか!?
頭部には「顔」「首」「肩」の筋肉と連動する経絡(けいらく)があります。頭部をマッサージすることで「気」「血」「水」のめぐりが改善され、痛みから解放されます。

 

日常にリラックスを。。。ワンポイントアクセント!
「生活で養生(ようじょう)」でアロマにつて(ちょこっと)かいています。

 

【自宅で毎日ヘッドマッサージ】セレブリフト

 

 

セルフチェックをしよう

では、さっそく「セルフチェック」で自分に合った漢方をみつけましょう!
当てはまる項目にをチェックして、いちばん多い項目があるタイプが「あなたの」タイプです。
【チェック項目は横スライドします】

水たまりタイプ 血行不良タイプ ストレスタイプ
□曇りや雨の日に痛む □肩がこる □イライラする
□頭がしめつけられて感じ □首がこる □のぼせる
□頭痛のとき吐き気を感じる □腰痛もある □こめかみが痛い
□食欲がない □同じ場所がずきっと痛む □脳(頭)に圧を感じる
□胃がムカムカする □動くと痛みが悪化する □目が充血している
□頭がボーっとしている □夜間に痛みが強くなる □目が疲れている感じ
□めまいがする □顔色が黒っぽい □耳鳴りがする

水たまりタイプ

あなたにオススメ漢方
半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

 

あなたの『頭の痛み』は「水」の代謝がわるくなり、体に余分な水分がたまることが原因の頭痛です。

 

胃腸の弱いタイプの頭痛で、脳内に栄養がうまく届かないために「頭の痛み」となってでています。

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)は体にたまっている余分な水分を排出するはたらきがあります。

 

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

体力がなくて冷え症、胃腸虚弱な人の頭痛に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

血行不良タイプ

あなたにオススメ漢方
桂枝茯苓丸(けいしぷくりょうがん)

 

あなたの『頭の痛み』は同じ姿勢をしたため血行が悪くなることが原因の頭痛です。

 

「血」の改善をよくするため、首や肩のマッサージや温熱をおこないましょう。
頭部マッサージも効果的です。

 

桂枝茯苓丸(けいしぷくりょうがん)は血行をよくし、「血」のめぐりを改善するはたらきがあります。

 

桂枝茯苓丸(けいしぷくりょうがん)

体力が中以上で、赤ら顔、のぼせやすいのに足が冷え、下腹部が張る感じがする人の頭痛に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

ストレスタイプ

あなたにオススメ漢方
釣藤散(ちょうとうさん)
加味逍遥散(かみしょうようさん)

 

あなたの『頭の痛み』はストレスや疲労などで体の「気」の流れが乱れていることが原因の頭痛です。

 

「肝」のはたらきが弱っているため「気」のめぐりが悪い状態です。「食養生」では青物野菜(ほうれん草、小松菜)を、「生活養生」ではアロマや半身浴でストレスを緩和しつつ漢方をうまく利用しましょう。

 

釣藤散(ちょうとうさん)加味逍遥散(かみしょうようさん)は「気」のめぐりを改善します。

 

釣藤散(ちょうとうさん)

中年以降で比較的体力がある人の頭痛に向いています。特に、朝方の頭痛の改善によいです。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

加味逍遥散

体力があまりない人で、のぼせや発汗、イライラ、不安など、原因がはっきりしない心身の不調からくる頭痛に広く用いられます。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

生活で養生(ようじょう)

アロマでスッキリ!「ペパーミント」

「ペパーミント」は鎮静効果のあるハーブです。
ペパーミント茶・ペパーミントアロマ・ペパーミントオイルのマッサージなどリフレッシュしたいとき、頭をスッキリさせたいときに最適なハーブです。

 

ペパーミントの香りは胃腸のはたらきを促進して、食べすぎ飲みすぎ、消化不良などの胃腸障害を改善してくれます。
さらに、鎮静効果やイライラ感を緩和して心身の不快感を軽減します。

 

リフレッシュして落ち込んでいた気分を吹きとばしましょう♪

 

参考サイト
漢方のツムラ URL:http://www.tsumura.co.jp/kampo/list/(閲覧日2018年10月1日)
Herb for you 「ハッカとミントの違いは?」 URL:http://herb-for-you.com/(閲覧日2018年10月1日)

 

自分で選ぶ漢方ボタン

 

 

 

 

 

トップへ戻る