女性と漢方|『冷え性』を漢方薬で治す

相談なし漢方薬!
かんたん『冷え性』漢方の選び方

【タイプ別】チェックリストで『冷え性』系漢方薬を選ぶ方法

 

私、冷え性がひどくて。。。
冬もそうだけど、夏の冷房もきついんですよ。
手足が氷のように冷たく痛いんです。
あと、生理痛がひどいのもそのせいかと。。。
体を温める漢方ってあるんですか?


 

なるほど、漢方で『冷え性』対策をしたいんですね。承知しました。

 

冷え性対策の基本は体を温めることです。

 

でも、それは表面的なものだけでなく、体の内部も温めることが必要なんです。


 

体のどこが冷えているかわからないし、わたしにどんな漢方があってるんでしょうか。


 

だったらチェックリストで「自分」で「自分」のための漢方選んじゃいましょう。
そのまえに、漢方的『冷え性』について確認しておきましょうか。


漢方では、『冷え性』は次のように考えます。

  • 体力のないひとがおおい
  • 「気」と「血」「すい」の循環がわるい
  • 体を温めるはたらきがある漢方を選ぶ

 

「気」「血」の流れを改善して、体全体を温めるよう心がければ『冷え性』は解消されます。

 

そして漢方は医食同源、「食」により体質も改善しましょう

 

セルフチェックをしよう

では、さっそく「セルフチェック」で自分に合った漢方をみつけましょう!
当てはまる項目にをチェックして、いちばん多い項目があるタイプが「あなたの」タイプです。
【チェック項目は横スライドします】

血行不良タイプ 水たまりタイプ エネルギー不足タイプ(脾) エネルギー不足タイプ(腎)
□手足の先が冷える □下半身が冷える □おなかと手足が冷える □全身が強く冷える
□クチびるが青くなりやすい □体が重だるい □下痢しやすい □足腰が冷えてだるい
□冷えとのぼせがある □むくみやすい □食欲がない □元気が出ない
□肌の色が悪い □関節が冷えて痛む □顔色が青白い □疲れやすい
□しもやけ/あかぎれができやすい □立ちくらみがする □おなかがシクシク痛む □トイレが近い
□手足にしびれがある □おなかがチャポチャポする □胃腸が弱い □むくみやすい

 

血行不良タイプ

あなたにオススメ漢方
温経湯(うんけいとう)

 

あなたの『冷え性』は血液の流れが悪いために起こる冷え性です。

 

血液量も少ないので、食事でも冷え対策をしましょう。
このあとの『食で養生』も参考にしてください。

 

温経湯(うんけいとう)は血流をよくするはたらきがあります。また、肌にうるおいを与える効果もあります。

 

温経湯(うんけいとう)

虚弱な人の「血」の量が不足した「血虚(けっきょ)」を改善する薬です。特に、冷え症で、手足がほてり、唇が乾燥しているような人に向いてます。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

水たまりタイプ

あなたにオススメ漢方
桂枝加朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)

 

あなたの『冷え性』の原因は水分代謝機能がて低下して余分な「水」が体にたまったために起きています。

 

水は「下向き」にたまる傾向があるため、下半身の冷えがつよく、体がむくみやすいのが特徴です。

 

食事では「水分」「塩分」を控えるようにしましょう。

 

桂枝加朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)は内側から外側に向かって「気」を放出して、「気」の流れをスムーズにします。

 

発汗作用があり、余分な水分を体の外に出すはたらきがあります。

 

桂枝加朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)

体力がなく、手足が冷えてこわばり、尿量が少ない人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

エネルギー不足(脾)タイプ

あなたにオススメ漢方
人参湯(にんじんとう)

 

あなたの『冷え性』の原因は胃腸機能が低下しているためです。胃腸から栄養を吸収できないため、エネルギー不足を起こしています。そのため、体を温めることができない状態になっています。。

 

あなたの場合、胃腸機能の改善が優先されます。『人参湯』で胃腸機能の改善と同時に食生活の改善も心掛けてください。

 

このあとの『食で養生』も参考にしてください。

 

人参湯(にんじんとう)は胃腸のはたらきをよくします。胃腸の強化を目的としています。

 

人参湯(にんじんとう)

やせていて体力がなく、冷え症がある胃腸が弱い人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

エネルギー不足(腎)タイプ

あなたにオススメ漢方
八味地黄丸(はちみじおうがん)

 

漢方で「腎」は生命エネルギーをためるための大切な場所と考えられています。

 

そのため腎機能が低下している必要なエネルギーを蓄えることができず、体を効率よく温めることができなくなります。

 

あなたの『冷え性』は「腎」のはたらきが悪いこと(腎虚)から起きています。

 

「腎」への負担となる過剰な水分摂取をひかえつつ、半身浴などで体を温めましょう。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)は、低下している「腎」の状態を改善するはたらきがあります。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

体力があまりなく、疲労や倦怠感が激しく、寒がりな人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

食で養生(ようじょう)

漢方での食べ物を「食性」といいます。「食性」には「涼性」「寒性」「温性」「熱性」の4種類があります。

積極的にとりたい「温」「熱」のもと

鶏肉/にら/にんにく/しょうが/シナモン/スパイス/黒糖

ひかえよう「涼」「寒」のもと

トマト/なす/きゅうり/バナナ/スイカ/砂糖(白糖)
参考サイト:漢方のツムラ URL:http://www.tsumura.co.jp/kampo/list/(閲覧日2018年9月26日)

 

自分で選ぶ漢方ボタン

 

トップへ戻る