女性と漢方|『ダメージヘア』を漢方薬で治す

相談なし漢方薬!
かんたん『ダメージヘア』漢方はこれだ!

【タイプ別】チェックリストで『ダメジヘアー』系漢方薬を選ぶ方法

 

髪のダメージがひどいんですが。。。
髪にいい漢方薬ってあるんですか??


 

このまあえ、髪が「バサー」ってぬけたんです!
「きゃーっ」です。どうしたんだろうとおもいきました。。。


 

髪は漢方では「血余」といいます。

 

字のごとく、「血の残ったもの」です。
生きる上で必要な「血」を使った後に残った血でかみがつくられます。

 

したがって「血」が少しでもたりないと、ダイレクトに髪に影響がでます。
髪トラブルは「血」の問題として考えることになります。

 

まずは、チェックリストで「自分」で「自分」のための漢方選んでみましょう。。

 

そのまえに、漢方的『乾燥』について確認しておきましょう。


 

漢方では、『乾燥』は次のように考えます。

  • 髪は「血余」といい「血」からつくられると考える
  • 「血」不足が髪トラブルの原因
  • 「血」をつくるのに必要なエネルギーは「腎」で、作られた「血」は「肝」で蓄えられる
  • 「肝」「腎」を機能がわるくなると『ダメジヘアー』「『抜け毛』『われ爪』になる

 

「肝」「腎」のはたらきをアップさせる漢方薬を紹介します。

 

 

セルフチェックをしよう

では、さっそく「セルフチェック」で自分に合った漢方をみつけましょう!
当てはまる項目にをチェックして、いちばん多い項目があるタイプが「あなたの」タイプです。
【チェック項目は横スライドします】

栄養不足(肝)タイプ のぼせ(腎)タイプ
□顔が白い □手足がほてる
□爪の色が悪い □微熱がでやすい
□手足がしびれる □のぼせやすく、ほおが赤い
□めまい立ちくらみがよくあるく □くちびるが乾く
□目がかすむ □腰がだるい
□肌が乾燥する □便秘症
□筋肉がぴくぴくする □寝汗がおおい
□生理がおくれる □眠りが浅い

栄養不足タイプ

あなたにオススメ漢方
四物湯(しもつとう)

 

全身に栄養をあたえる「肝」の「血」が足りません。

 

「血」の不足は全身に悪い影響をあたえます。

 

特に、皮膚の枯渇や髪(血余)に強い影響を受けてしまいます。

 

四物湯(しもつとう)は「血」の補充と潤いを改善する4種類の生薬が配合された漢方薬です。

 

四物湯(しもつとう)

比較対象体力ない人で、肌・髪にツヤがなく、貧血傾向の人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

のぼせタイプ

あなたにオススメ漢方
六味地黄丸(ろくみじおうがん)

 

「腎」に熱がこもり「腎」の機能が低下しています。

 

そのため「エネルギー」がうまくたまらず「血」が造られません。

 

つまり「肝」に「血」がたまらないということです。

 

六味地黄丸(ろくみじおうがん)は「ジオウ」による「血」の補充をしつつ、「タクシャ」や「ブックリョウ」が「腎」から余分な「水」を外にだして水のめぐりをよくする。

 

六味地黄丸(ろくみじおうがん)

比較的体力が低下している人で食欲がなく、つかれを感じている人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

 

参考サイト 漢方のツムラ URL:http://www.tsumura.co.jp/kampo/list/(閲覧日2018年10月1日)

 

 

自分で選ぶ漢方ボタン

 

 

トップへ戻る