相談なし漢方薬!
かんたん『便秘』漢方の選び方

【タイプ別】チェックリストで『便秘』系漢方薬を選ぶ方法

 

便秘で悩んでます。便がとてもかたいんです。
のどがよく乾くんですけど。。。


 

わたしは、はじめかた~い便がでるんす。。。でも、それが水っぽくなり。。。最後は「ぴゅー」ですよ!
ほんと、びっくり!!


 

わたしは、みんなの中間てきな感じかなぁ・・・便秘だったり、下痢だったり。。。
いつもおなかが張って、便がいつまでも残っている感じがして気持ち悪い!!


 

わたしのって、なんか、コロコロした便なんです。
えーっと「ウサギ」っぽい感じ?
あと、めちゃっくちゃ肌が荒れる!


 

『便秘』は生活環境と食事に影響を受けるんです。だから人それぞれな症状がでます。
まずは、チェックリストで「自分」で「自分」のための漢方選んじゃいましょうか。

 

そのまえに、漢方的『便秘』について確認しておきましょう。


 

漢方では、『便秘』は次のように考えます。

  • 「気虚」により腸を動かす力が弱まっている。
  • 「気」のめぐりが悪くなり、腸のはたらき弱っている。
  • 腸の水分の不足が排便しにくくしている。

 

食で養生することが大事です。そのうえで、漢方薬で「気」の流れをサポートすることで『便秘』は解消されます。

 

漢方は医食同源が大切!「食」により体質も改善しましょう

 

セルフチェックをしよう

では、さっそく「セルフチェック」で自分に合った漢方をみつけましょう!
当てはまる項目にをチェックして、いちばん多い項目があるタイプが「あなたの」タイプです。
【チェック項目は横スライドします】

熱秘タイプ 寒秘タイプ 燥秘タイプ 気秘タイプ
□便秘かたい □硬い便ががだんだん水っぽくなる □乾燥したコロコロ便 □便秘と下痢をくりかえす
□頭痛がする □手足が冷える □肌にツヤがない □便が残っている感じ
□肩がこる □おなかが冷たい □手足がほてる □ストレスがおおい
□のぼせる □細くて短い便がでる □寝汗をかく □イライラ怒りっぽい
□冷たいものをよくたべる □おなかが痛くなることがおおい □めまい・立ちくらみがある □おなかが張る
□のどが渇きやすい □体が重く感じる □くちびるがすぐかわく □おなかにガスがたまっている感じ

熱秘タイプ

あなたにオススメ漢方
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

 

あなたは熱をおびた体質のため体液が減少しやすいタイプです。

 

体液を補うため腸から過剰に水分を吸収しているため便が硬くなってしまってます。

 

余計な熱分をとることで水分量が適度に調整され便秘が解消されます。
バナナは「寒性」のたべ物です。余計な熱をとるのに最適ですので毎朝の習慣にバナナを食べましょう。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は複雑にからみあった「気」「血」「水」を正しくめぐらせます。
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は「血」のめぐりをよくします。「気」という体をめぐるエネルギーが違った方向に流れる「気逆(きぎゃく)」をともなう人に向いています。。

 

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

体力があって、特におなかに皮下脂肪が多く、便秘がちな人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

体力が中以上で、のぼせ気味、便秘がちな人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

寒秘タイプ

あなたにオススメ漢方
桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

 

おなかが冷えることが原因で便秘になっています。
硬い便がでたあと、水のような便がでるのが特徴です。

 

体を温めることで腸がしっかりと動くようになります。

 

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)は、おなかの冷えが原因の便秘を改善します。

 

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

体力がややなく、腹痛や腹部が張った感じがする便秘で、水のような(しぶり)便の人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

燥秘タイプ

あなたにオススメ漢方
潤腸湯(じゅんちょうとう)
麻子仁丸(ましにんがん)

 

おなかの中の便が「乾燥」しているため便がでにくくなっています。

 

腸内の分泌液(腸液)が減っているため、腸内がカサカサ状態になっています。
1日1.5リットルを目安に水分補給をしっかりとることと、油性の食材をとるようにしましょう。

 

あとの「食で養生(ようじょう)」を参考にしてください。
潤腸湯(じゅんちょうとう)麻子仁丸(ましにんがん)は体の水分バランスをととのえます。

 

潤腸湯(じゅんちょうとう)

水分量が減っているため肌が乾燥している人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

麻子仁丸(ましにんがん)

体力がない、腹部膨満感があるような人に向いています。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

気秘タイプ

あなたにオススメ漢方
加味逍遥散(かみしょうようさん)

 

ストレスが原因で胃腸の動きが悪くなり便秘に。

 

ゆっくりした入浴やアロマなどで緊張を解消しましょう。
リラックス作用があるカモミールやラベンダーのハーブティーなどもオススメです。

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)は気逆(きぎゃく)からくる神経の高ぶりに効果があり、自律神経を調節するはたらきがあります。

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

体力があまりない人で、肩がこる、めまいや頭痛がするなどのほか、のぼせや発汗、イライラ、不安など、原因がはっきりしない心身の不調からくる便秘に広く用いられます。

体力 寒熱
体力あり 暑い 停滞 停滞 停滞
ややあり 暑がり
ふつう ふつう 影響少 影響少 影響少
ややなし 冷える
体力なし 寒い 不足 不足 不足

 

 

食で養生(ようじょう)

便秘 オススメ3食材
食物繊維

みなさんご存知の「食物繊維」。
食物の中に水分をため込みやすいので便がやわらかくなります。
【食物繊維が豊富♪】ルバーブ/リンゴ/ごぼう/バナナ

ルバーブ野菜.

ルバーブは、特有の香りと酸味を持つタデ科の野菜です。

見た目はフキのようですが、加熱すると短時間で溶けてしまうため、ジャムやお菓子作りなどに使われます。
カリウムが比較的多く含まれています。
カリウムは体内の余分なナトリウムの排出を促す作用があり、高血圧など生活習慣病の予防によいとされます。
ネットでは冷凍で1kg1,100円程度でかえます。

 


 

乳酸菌食品

これまた超有名な「乳酸食品」。
善玉菌を大腸に送り込み育てる、「腸育」。乳酸菌が作り出す物質や芽胞タイプの「善玉菌」は大腸の動きをよくすることが医学的に証明されています。
【乳酸菌が豊富な食品♪】 ヨーグルト/チーズ/みそ/キムチ

芽胞善玉菌

『腸活の素』

乳酸菌生産物質

『フィロソフィ』


腸内フローラを「腸育」には時間がかかりますが莫大なメリットがあります。
「腸活の素」トリプルフローラに配合されている納豆菌、有胞子性乳酸菌、ビフィズス菌は「腸育」に最適な菌の配分です。


乳酸菌生産物質とは、腸の中で乳酸菌が作り出した発酵代謝物(栄養素)のこと。
「腸育」は莫大な恩恵を得られますが時間がかかります。
すぐに結果をだしたい人向きです。

うるおい食材

たべものの油分で、腸にうるおいをあたえ便のすべりをよくします。
【うるおい食材♪】 ごま/クルミ/松の実

生活で養生(ようじょう)
気づかないうちに便もれ

排便のリズムが大事です。
排便をガマンすると便意(便をしたくなる感じ))が麻痺してきます。
進行すると、腸が動かなくなり便がたまります。つまり、便秘ですね。
さらに便秘が悪化すると『遺糞症』になります。

 

『遺糞症』とは、排便を我慢したことで過剰な便量が腸内に溜まります。つまり、おなかがパンパンな状態になっています。すると本人の意思とは関係なく便がもれてしまいます。

 

生活のなかで、(朝でなくてもいいですから)決まった時間に「排便をする」という時間をつくれるようにしてください。

関連記事
子どもについて書いた記事ですけど、おとなにも参考になるとおもいますので、ぜひ読んでください。
【便秘|浣腸ください】子供ですけど浣腸ください

参考サイト:漢方のツムラ URL:http://www.tsumura.co.jp/kampo/list/(閲覧日2018年9月26日)

自分で選ぶ漢方ボタン

 

 

トップへ戻る